岡田整形外科 Okada Orthopaedic Surgery Clinic
  • 三軒茶屋駅北口 徒歩3分
  • 親切・丁寧・細心・緻密
  • 巻き爪・陥入爪の新しい治療法『慶応−岡田法』
  • 肩こり、頚椎捻挫に独自の理論と治療法
  • 骨塩量の測定できます
keio univ.
トップ | 理 念 | 院長ごあいさつ | 院長の経歴 | 診療案内 | 本院の特徴 | マスコミ紹介
交通と地図 | 関連病院とリンク集 | トピックス
achieve

青字をクリックすると実際の方法と論文が御覧になれます。
記事・画像の無断転用はお断りいたします。

1.坐骨神経周囲造影法と坐骨神経ブロック法の開発
Perisciaticography
1978年  日整会誌52巻3号
  第5回西太平洋整形外科学会で発表
2.肩こりと頚肩部痛の源 側頚部の圧痛"野末-岡田の圧痛"の発見
Discovery of "Cervical Paraspinal Tenderness of Nozue-Okada"
1978年  医療32巻11号
1981年  日整会誌55巻6号
3.頚椎椎間関節造影法とそのブロック法
Studies on the Cervical Facet Joints using Arthrography of the Cervical Facet Joint
1981年  日整会誌55巻6号
ペインクリニック2巻4号
治療学6巻3号 座談会"鎮痛あれこれ"
1993年  整形外科MOOK65巻1993年
  第6 回西太平洋整形外科学会で発表
4.椎弓間部、棘間部、左右の椎間関節部、硬膜外腔に及ぶ交通路、”RetroduralSpace of Okada”の発見
Discovery of communications between the facet joint, interlaminar,interspinous, contralateral facet joint, extradural space and”Retrodural Space of Okada”.
1981年  日整会誌55巻6号
2011年  A.J.Roentgenology 196 June2011
2013年  臨床整形外科48巻1号
2015年  Clinical Radiology 2015 1-8
5.新鮮な環軸椎回旋位固定例に対する新治療法「環軸椎間関節注入法」の開発
Injection of local analgesics by using cervical arthrography for a case of atlanto-axial rotary fixation
1981年  ペインクリニック2巻4号
1993年  整形外科MOOK65巻1993年
6.経皮的股関節部知覚神経電気凝固術の開発
New Approach to the Pain of Hip Joint
Percutaneous Sensory Nerve Electrocoagulation of the Hip Joint
1981年  医薬の門 21巻8号
1993年  PAIN RESEARCH 8巻2号
1995年  別冊整形外科27巻
7.経皮的肩関節部知覚神経電気凝固術の開発
New Approach to the Shoulder Pain
Percutaneous Sensory Nerve Electrocoagulation of the Shoulder Joint
1993年  PAIN RESEARCH 8巻2号
1995年  別冊整形外科27巻
8.肩の人工骨頭の手術に用いられる岡田法 Okada Procedureの開発
上腕骨近位部低悪性度軟骨肉腫に対する人工骨頭置換術後に長期間肩関節機能が保たれた1例
Humeral Head Replacement With Wrapping Reconstruction of the Rotator Cuff After Resection of Chondrosarcoma With Long-Term Shoulder Function:A Case Report
"Okada Procedure" Dr.K.Okada performed in 1976
1982年  肩関節 6巻1号
2018年  第58 回  関東整形災害外科学会で発表
2018年  第45 回  日本肩関節学会で発表
2019年  J.Med.Cases 10:2
9.高齢者の大腿骨頚部骨折の予防のためにhip protectorの開発と実用化
10.変形爪矯正用処理剤の発明
Discovery of the nail softening cream (Thioglycolic Acid) Patent
2003年2月 特許取得
11.変形爪矯正具の発明
Discover of the new material for reduction of nail deformity (Beta Titan Wire) Patent
2011年2月 特許取得
12.変形爪矯正具の発明
Discovery of the new equipment for reduction of nail deformity(Nail Tower)  Patent
2013年5月 特許取得
13.変形爪矯正具の発明
Discovery of the new equipment for reduction of nail deformity  Patent pend
2017年9月 特許出願中
14.新しい巻き爪、陥入爪の治療法、慶應−岡田法 Keio-Okada Procedureの開発と施行







Keio-Okada Procedure Novel treatment for pincer nail and ingrown toe nail by using nail softening cream (Patent)
2003年  慶應−岡田法の開発と施行
2007年  第21 回 日本靴医学会で発表
靴の医学 21巻2号
2008年  第48 回  関東整形災害外科学会で発表
第33 回  日本足の外科学会で発表
2009年  第108 回 日本皮膚科学会総会で発表
ポスター賞受賞
第6 回 KEIO整形外科手術手技フォーラムで講演
2012年  第111 回 日本皮膚科学会総会で発表
The Journal of Dermatology 39:1 - 4
Wikipedia(English) "Thioglycolic acid"に further reading として紹介される
2013年  第26 回 日本臨床整形外科学会で発表
2014年  第27 回 日本臨床整形外科学会で発表
第63 回 東日本整形災害外科学会で発表
2017年  臨床整形外科 52巻7号(PDF PDFファイルで全文を読む)
1〜14は世界で初めての開発・発明・発見です。
15.皮膚自動縫合器プロキシメイト Proximateを導入し普及させる。
プロキシメイトは、岡田が日本ではじめて導入し論文を著しています。
1981年  医療35巻5号
16.頚椎椎間関節造影法を主題として医学博士の学位を授与される1981年 慶應義塾大学より
17.鼻孔装着型暖房防寒具の発明2007年12月 特許取得



 坐骨神経周囲造影法とブロック法 Perisciaticography
岡田整形外科
坐骨神経痛を訴え、臀部の坐骨神経孔部に明らかな圧痛を示す症例に経皮的でTV透視下に長針を用いて坐骨神経の周囲に造影剤を始めとする他の薬剤を注入し、坐骨神経の走行異常や炎症の消退による鎮痛を図る新しい造影法、ブロック法を開発している。
Dr. Okada developed a new method to control pain related to aberrant anatomy of the sciatic nerve or inflammation. We developed an original method to identify and delineate the outer sheath of the sciatic nerve by injecting a contrast medium through the long needle which was placed percutaneously with fluoroscopic guidance. In cases who had sciatic neuralgia and obvious tenderness around the sciatic foramen on the hip,injection of an analgesic agent to the nerve successfully alleviated pain.
坐骨神経周囲造影法とブロック法坐骨神経周囲造影法とブロック法
ページ先頭に戻る↑


 側頚部の圧痛 野末-岡田の圧痛 Cervical Paraspinal Tenderness of Nozue-Okada(figA)
岡田整形外科
頚肩部痛の方の側頚部を指先で圧迫すると疼痛が生じます。(figB)
その部に小針金を貼付し側面X-P撮影すると頚椎椎間関節の上に映ります。(figC)
椎間関節に局麻剤を注入すると頚肩部痛は消失します。
椎間関節の病態を解明するために頚椎椎間関節造影法を開発しました。
We found that patients with neck or back pain frequently have tenderness in paraspinal region of neck (fig.B).By putting small metal marker on the neck .We identified that tenderness was correlated to the cervical facet joint by lateral x-ray view(fig.C). Lokal analgesic injection to this joint successfully diminished the neck or back pain.Inorder to analyze the pathophysiological relationship between the tenderness and the neck or back pain,we developed a new arthrography method of cervical facet joint.
側頚部の圧痛 野末-岡田の圧痛 側頚部の圧痛 野末-岡田の圧痛 側頚部の圧痛 野末-岡田の圧痛
ページ先頭に戻る↑


 頚椎椎間関節造影法 Arthrography of cervical facet joint, “Retrodural Space of Okada”
岡田整形外科
岡田は肩こり、頚肩部痛を訴える症例の多くに、側頚部の椎間関節部に圧痛 “野末―岡田の圧痛 Cervical Paraspinal Tenderness of Nozue-Okada” が診られることを発見している。この頚椎椎間関節の病態解明のため頚椎椎間関節造影法を開発した。
本法は椅坐位、TV透視下で、側頚部から短針を用いて椎間関節部に刺入し、次いで造影剤を注入して椎間関節を描出する手技である。
環軸椎間関節から第6〜7頚椎椎間関節まで造影は可能で、各椎間関節包の形態の変化とともに、中位頚椎部では80%に椎弓間部、棘間部、他側の椎間関節への交通路が発見され、それらは”Retrodural Space of Okada” とも呼称されている。
ともに局麻剤の注入によって、肩こり、頚肩部痛の病源部の解明にとって基本的に有用な手技であり、広く海外で用いられている。
Arthrography of Cervical Facet Joints and Discovery of “Retrodural Space of Okada”
Dr. Okada found that patients with chronic shoulder or neck pain tend to have a tenderness around the cervical facet joint. We named this point “Cervical ParaspinalTenderness of Nozue-Okada”. We further developed a new arthrography method of cervical facet joints to analyze the pathologic mechanism of this type of pain.
 In this method, we fluoroscopically placed a short needle to the cervical facet joint of the patients while they are in sitting position. We then injected a radiopaque contrast medium through the needle to depict the anatomy of joints. With this method, imaging of the joints was made possible from the atlantoaxial join to the 7th cervical facet joint. This method also allowed us to characterize the diseased joints. We also discovered the fact that there was a communication between the facet joint, the interlaminar region, the interspinous region and the contralateral facet joint(1). Dr MurthyNS named this communication as the “Retrodural space of Okada” and published an article (2). The existence of the space is accepted by researchers is thought to act as a conduit for the spread of inflammatory or infectious processes (3-6).
This arthrography method is considered as a basic procedure to analyze the pathophysiology of neck pain or shoulder pain/discomfort in combination with injection of analgesic agents to the joint. As a result, this method is now widely utilized all over the world.

1. Okada K. Studies on the cervical facet joints using arthrography of the cervical facet joint. Nippon Seikeigeka Gakkai Zasshi 1981; 55:6:563-80
2. Murthy NS, Maus TP, Aprill C. The Retrodural Space of Okada. Am J Roentgenol. 2011; 196:W784-9.
3.  Yang A, Emig M, Akuthota V. Kissing Spine and the Retrodural Space of Okada: More Than Just a Kiss? PM&R. the journal of injury,function,and rehabilitation. 2014; 6:287-9.
4.Lehman VT, Murthy NS, Diehn FE, Verdoorn JT, Maus TP. The posterior ligamentous complex inflammatory syndrome: spread of fluid and inflammation in the Retrodural Space of Okada. Clin Radiol. 2015; 70:528-35.
5. Parivash SN, Kranz PG, Gray L, Amrhein TJ. CT Fluoroscopy-Guided Interlaminar Epidural Steroid Injections in the Cervical Spine: Rate of Nontarget Injection Into the Retrodural Space of  Okada. Am J Roentgenol. 2018; 211:426-31.
6. Jiao J, Bailey IM, Beckworth WJ, Sandhu D, Nguyen P. The Retrodural Space of Okada and Unusual Contrast Flow. PM&R. 2019; pmrj.12208.
側頚部の圧痛 野末-岡田の圧痛
側頚部の圧痛 野末-岡田の圧痛
ページ先頭に戻る↑


 椎弓間部、棘間部、左右の椎間関節部、硬膜外腔に及ぶ交通路、”RetroduralSpace of Okada”の発見、Discovery of various communications and "Retrodural Space of Okada"
岡田整形外科
1981年 岡田は頚椎椎間関節造影において、椎間関節から椎弓間部、棘間部、他側の椎間関節部、頚部硬膜外腔などへ達する交通路を発見している。又、中位頚椎椎間関節部に於いてそれらの存在が80%にみられている。
他の関節と異なり、通常時は一側の椎間関節の関節内圧の変動は瞬時に他側の椎間関節にも変動、変位の信号が送られて、互いに信号を交換しあい、上下、左右の椎間関節の円滑な作動に寄与しているものと思われる。
しかし、椎間関節の感染時ではこれらの交通路は他側への感染を容易に惹起することが想定される。
2011年Dr.Murthyらはこれらの交通路を“Retrodural Space of Okada”と呼称している。

In 1981, we developed a novel arthrography method specialized for the cervical facet joints and discovered communications between a cervical facet joint, interlaminar region, interspinous region, the contralateral facet joint and the bridging extradural space (1). We also found that these communications existed in 80 % of the middle cervical facet joints.
We speculate that the signal of intra-joint pressure of the spinal facet joint is instantly transferred to the contralateral facet joint through the communications. We think this constant monitoring of the contralateral joints and also the joints of neighboring level facilitate smooth movements of the whole spinal joints. This signal transfer has not seen in the other junctions in the body. (Kikuzo Okada)
However, in case of infection of the one side of facet joint, this communication may spread infection to the other side as well.
In 2011, Dr.Murthy et al. from Mayo clinic cited our original Japanese article (1) for their research and thankfully named these communications as “Retrodural space of Okada” after myself as the author of the original paper (2).

1. Okada K. Studies on the cervical facet joints using arthrography of the cervical facet joint. Nippon Seikeigeka Gakkai Zasshi 1981; 55:563-80
2. Murthy NS, Maus TP, Aprill C. The Retrodural Space of Okada. Am J Roentgenol. 2011; 196:W784-9.
頚椎正面像 頚椎正面像
棘間部・左右の頚椎椎間板関節・硬膜外腔に及ぶ交通路
椎弓間部、棘突起間部に交通している
interlaminar, interspinous communication
棘間部・左右の頚椎椎間板関節・硬膜外腔に及ぶ交通路
他側の椎間関節に交通している
bilateral facet joint communication "Retrodural Space of Okada"

頚椎側面像 頚椎側面像
棘間部・左右の頚椎椎間板関節・硬膜外腔に及ぶ交通路
棘突起間部に交通している
interspinous communication
棘間部・左右の頚椎椎間板関節・硬膜外腔に及ぶ交通路
硬膜外腔に交通している
extradural space communication
側頚部の圧痛 野末-岡田の圧痛
ページ先頭に戻る↑


 岡田の頚椎二戒 Okada’s 2 commandments for healthy cervical spine
岡田整形外科
肩こり、頚肩部痛の予防と治療の根本は
 第一戒 【早寝早ゴロリ 遅起き】   日没で就床 日の出で起床   頚椎部負荷の “時間” を減少
 第二戒 【頭部重量の軽減】      過剰な体重を減量し標準体重化 頚椎部負荷の “重量” を軽減

【日没で就床、日の出で起床】は私どもの創生時から、1878年Joseph Swan(英)の電球の発明まで何百万年に亘り私どもの生活様式であった。この発明によって夜間おそくまで活動が可能となり、最近は深夜に及ぶ就業、娯楽が当然視されている。
この【生活習慣の是正】を考慮すべきである。
人類は4足獣から2足獣に転換し頚椎部は直立化して幾久しい、そのため脳髄を収める頭部は過重量で華奢な構造の頚椎に対する重力の負担は過大である。
また食料の増産に励んだ結果、食料の不安から解放され飽食に明け暮れし、そのため【肥満者】が多くみられる。私どもの創生の頃に比較して最近は頭部重量が過大な傾向が顕著である。体重減量によって【頭部重量の軽減】を図るべきである。
肩こり、頚肩部痛の治療のために積年に亘り【生活習慣を是正】し、【体重減量】を図り、頚椎に対する過剰な重力負荷から逃れることが基本と思われる。

ページ先頭に戻る↑


 新鮮な環軸椎回旋位固定例に対する環軸椎間関節注入法 Injection of local analgesics by using cervical arthrography for a case of atlanto-axial rotary fixation
岡田整形外科
1981年 岡田が世界で初めて小児の新鮮な環軸椎間関節固定症例に環軸椎間関節造影とともに局麻剤の注入を行い、頭位の左右への回旋操作を行い、直ちに固定は解放されて病的な斜頸位は正常位に整復された。

In 1981, we firstly reported a pediatric case with acute atlanto-axial rotary fixation for whom we successfully reduced it with a novel method. We injected analgesics in combination with contrast medium to the atlanto-axial joint under fluoroscopic guidance. Immediately after injection, the torticollis was released by gentle rotatory motion of the head. The head was back to a normal position.

1.岡田菊三 野末洋 頚椎椎間関節造影法と椎間関節ブロック ペインクリニック1981年 2巻4号 508-515
2.岡田菊三 頚椎椎間関節造影法  整形外科MOOK 1993年 68巻 19-31
環軸椎間関節注入法 環軸椎間関節注入法
Analgesics in combination with contrast medium is injected

ページ先頭に戻る↑


 経皮的股関節部知覚神経電気凝固術 Percutaneous sensory nerve electrocoagulation of the hip Percutaneous radiofrequency denervation of the hip joint
岡田整形外科
股関節の代表的な痛みを伝える神経の枝を局所麻酔薬で一時的にブロックし、その痛みが非常に楽になる人に、切らずに米国製の電極を刺入し神経の枝に85℃の熱を加えます。痛みの伝達を遮断し痛みを減らす方法です。しかし痛みが改善されても股関節を愛護的につかうことが大切です。この方法は岡田が世界ではじめて開発しております。

In this method, we select the patients who benefit from the transient block of the representative sensory nerve innervating the hip joint using local anesthesia.
For the patients whose pain is significantly relieved, we ablate the target nerve by inserting an electrode percutaneously without surgical incision.
Although this results in significantly reduced pain. using the hip joint protectively is still recommended. This method is originally reported by Dr. Okada (1st in the world).

経皮的股関節部知覚神経電気凝固術経皮的股関節部知覚神経電気凝固術
電極が神経枝のある所に刺入されています

ページ先頭に戻る↑


 経皮的肩関節部知覚神経電気凝固術 Percutaneous sensory nerve electrocoagulation of the shoulder joint Percutaneous radiofrequency denervation of the shoulder joint
岡田整形外科
頑固な肩関節痛、脳卒中後の肩関節痛を伝える神経の枝を局所麻酔薬で一時的にブロックし、その間痛みが非常に楽になる方に、切らずに電極を刺入し神経の枝に85℃の熱を加え痛みの伝達を遮断し痛みを減らす方法です。この方法は岡田が世界ではじめて開発しております。

This method targets the population who has stubborn shoulder pain or shoulder pain after brain stroke.
We select the patients who benefit from the transient block of the sensory nerve innervating the shoulder joint. We then proceed with denervation by ablating the nerve without surgical incision.
This is proven to reduce pain significantly. This method is originally reported by Dr. Okada (1st in the world).

経皮的股関節部知覚神経電気凝固術経皮的股関節部知覚神経電気凝固術
電極が関節の縁に刺入されています

ページ先頭に戻る↑


 ”岡田法 Okada Procedure”―長期成績(術後42年)が良好な肩関節人工骨頭置換術―。Okada Procedure (in 1976) of shoulder arthroplasty: a new method of shoulder joint replacement with a sustainable excellent range of motion in long-term (for 42years).
岡田整形外科
1976年 岡田は肩関節の大きな軟骨肉腫例の人工骨頭置換術に際して、腱板構成筋群を人工骨頭部に縫合せずに、切離した上腕二頭筋長頭に直接縫合し骨頭を包み込む新しい手術法、”岡田法、Okada Procedure”(1)を考案、施行した。従来の手術では腕が充分に挙げられないが、本法では術後ほぼ完全に腕が挙げられ、健常者と同様に動かせている。更に、術後42年を経過しても合併症はなく可動域はほぼ健側と同様を保っている。

We recently reported a case with sizable chondrosarcoma in the shoulder who required shoulder joint replacement which resulted in an excellent shoulder motion 42 years after the procedure. The conventional methods, in which the rotator cuff was attached to the bone head part or head of artificial joint , had a limitation of shoulder motions after the procedure. In our newly developed method named “Okada Procedure”, the rotator cuff was directly attached to the detached biceps long head wrapping the new humeral head . After the procedure, the patient could raise her arm and rotate the shoulder joint in almost full range. Furthermore, the rage of motion of the treated joint remained similar to the other side of joint even after 42 years after procedure without complications nor recurrence of malignancy.

(1) Kamikawa M, Matsumura N, Okada K ,Suzuki T, Nakayama R, Iwamoto T, Sato K, Nakamura M, Matsumoto M.
Humeral Head Replacement With Wrapping Reconstruction of the Rotator Cuff After Resection of Chondrosarcoma With Long-Term Shoulder Function: A Case Report.
J. Med. Cases . 2019 ;10 :2

岡田法

岡田法岡田法岡田法岡田法
rotator cuff was directly attached to the detached biceps long headexcellent shoulder motion 42years after procedure
ページ先頭に戻る↑


 ヒッププロテクター
岡田整形外科
岡田によって世界で初めて高齢者の大腿骨頚部骨折の予防のために考案開発され、欧米で普及し、最近日本にも導入されています。

海外文献では NEJM:2000年11月23日号掲載

◆2000.12.1 高齢者の股関節骨折がプロテクター使用で6割減少
高齢者の股関節骨折が、大腿骨を覆うプロテクターを使用することで、6割減少することがわかった。高齢者の股関節骨折は、身体障害や死亡の大きな原因となっているだけに、この研究結果は注目されよう。フィンランドPekka Kannus氏らが、1801人の歩行可能な高齢者(平均年齢82歳)を対象に、約18ヶ月に渡る無作為化試験を行い明らかにした(プロフェッショナル・プログラムへ)。
ヒッププロテクター
ページ先頭に戻る↑


 変形爪矯正用処理剤の発明 Discovery of the nail softening cream (Thioglycolic Acid) Patent
岡田整形外科
変形爪に用いて爪を軟化させ、容易に巻き爪、陥入爪を矯正整復させる。
2003年2月に特許出願、2007年特許登録しています。

This newly invented nail softening cream enables easy reduction of nail deformities. This has been patented in 2007 in Japan (submitted in February 2003).
変形爪矯正用処理剤の発明

ページ先頭に戻る↑


 変形爪矯正具の発明 Discovery of the new material for reduction of nail deformity(Beta-Titan Wire) Patent
岡田整形外科
既に軟化させた変形爪に作用させて容易に巻き爪、陥入爪を矯正整復させる
ニッケルを含有しない弾性ワイヤ。
2011年2月に特許出願、2012年特許登録しています。

This newly invented elastic wire helps reduce nail deformities after applying the nail softening cream. The wire does not contain nickel. This has been patented in 2012 in Japan (submitted in February 2011).
変形爪矯正具の発明

ページ先頭に戻る↑


 変形爪矯正具の発明 Discovery of the new equipment for reduction of nail deformity(Nail Tower) Patent
岡田整形外科
既に軟化させた変形爪に弾性ワイヤ他を構成材として瞬時に巻き爪・
陥入爪に装着できる。
2013年5月に特許出願、2013年特許登録しています。

This nail tower, which is made of the wire we developed, enables smooth attachment of the wire to the softened nail by the cream. This has been patented in 2013 in Japan (submitted in May 2013).
変形爪矯正具の発明

ページ先頭に戻る↑


  慶應―岡田法   爪軟化剤(特許)を用いる巻き爪、陥入爪の新しい治療法
  Keio-Okada Procedure   Novel treatment for pincer nail and ingrown toe nail by using nail softening cream (Patent)
岡田整形外科

本邦はもとより世界で初めての新しい治療法「慶應−岡田法」は局所麻酔下で 爪軟化剤(特許)、ベータチタン弾性ワイヤー(特許)、同ワイヤーのネイルタワー(特許)、これらを用いて
高度な変形を含む巻き爪をほぼ1日で矯正、整復させる。
重度な炎症、肉芽を伴う陥入爪を矯正、整復とともに一週間〜二週間で治癒させる。
2017年 臨床整形外科 52巻7号 に掲載紹介される。
2018年 Wikipedia(English) "Thioglycolic acid"に further reading として紹介される。

The ”Keio-Okada procedure" is a completely new treatment concept for pincer nails and ingrown toes. Under local anesthesia, this procedure employs the combination of nail softening cream (patented), beta-titanium elastic wire (patented) , nail tower (patented special device to help reduce the nails).
With this, pincer nails can be reduced with only one day. Even sever ingrown nails with inflammatory change in the surrounding tissue can be reduced within one to two weeks.

1.Novel Treatment for Pincer Nail and Ingrown Toe Nail Using Nail Softening Cream, Beta-titan Elastic Wire And Nail Tower (Japanese article) Rinsho Seikei Geka: 2017 ,volume 52, Issue 7
2. Okada K, Okada E. Novel treatment using thioglycolic acid for pincer nails. J. Dermatol. 2012, volume 39, pp. 996-999.
3. https://en.wikipedia.org/wiki/Thioglycolic_acid


高度の巻き爪は、短時間〜1日内外で矯正整復し除痛を得ます。
Serious pincer nails can be reduced and pain can be relieved within a few hours to 1 day.
慶應−岡田法
Preoperative viewImmediately after procedurePostoperative day 1
慶應−岡田法
  Postoperative day 1

肉芽を伴う陥入爪は、比較的早期に矯正整復と周囲の炎症性肉芽を消退させます。
Ingrown toe nails with granulation in the surrounding tissue can be reduced relative early with resolution of inflammatory change.
慶應−岡田法
  Postoperative day 12
慶應−岡田法
 Postoperative day 1Postoperative day 14

ページ先頭に戻る↑


 新しい皮膚自動縫合器 New skin stapler “Proximate”
岡田整形外科
岡田によって日本に初めて導入された米国製のステンレス製の皮膚自動縫合器です。その後全国の大学病院で用いられております。瞬間的に縫合が出来ること、創あとが目立ちません。

In 1981 “Proximate”was introduced to Japan as a new skin suture equipment
by K. Okada

1, 岡田菊三 野末洋 新しい創縫合器”Proximate”の使用経験 1981 医療35巻5号
proximateproximate
すばやくて確実な皮膚縫合目立たないきれいな創あと
ページ先頭に戻る↑


 鼻孔装着型暖房防寒具の発明
岡田整形外科
鼻孔部に装着し無燃料、無電力で人体の呼吸熱を再吸収し、人体の表面ではなく体内部より温暖化せしめる暖房防寒具を発明し、2007年12月に特許出願、2009年登録しています。
特許第4291388号  


ページ先頭に戻る↑


 学会発表のスライド
岡田整形外科
岡田整形外科
岡田整形外科
岡田整形外科
岡田整形外科
岡田整形外科


本法は特注型人工骨頭置換の手術(1976年)に際して、岡田が星形多連筋を用いた自由動的包形成法(free dynamic wrapping method by using radial multi-united muscle)を考案、開発、施行している。術後42年の長期に亘り合併症と疼痛なく関節機能が温存され日常生活に寄与している。症例を重ねて他の肩関節疾患への応用が望まれる。


ページ先頭に戻る↑


 J.Med.Cases誌に紹介された論文 Humeral Head Replacement With Wrapping Reconstruction of the Rotator Cuff After Resection of Chondrosarcoma With Long-Term Shoulder Function : A Case Report
岡田整形外科
岡田整形外科岡田整形外科岡田整形外科
岡田整形外科岡田整形外科

術後42年の長期に亘り良好な成績を維持している岡田法、Okada procedure(1976年手術施行)は星形多連筋を用いた自由動的包形成法(free dynamic wrapping method by using radial multi-united muscle)と呼称し、J.Med.Cases誌2019年10巻2号に紹介されております。

In 1976, we performed "the Okada`s procedure"for the shoulder joint replacement (also called free dynamic wrapping method by using radial multi-united muscle) which resulted in 42-year-long excellent maintenance of shoulder motion.
This novel method with long-term success has been recently published in J.Med.Cases (2019;10).

ページ先頭に戻る↑